ぺんぎんろーる

海と坂のある街

愚痴と生活の記録。歯列矯正・適応障害に悩んだ社会人時代のお話など。

【TIMEMORE C2MAX】まったく力のない女が手挽きのコーヒーグラインダー使ってみたレポ

スポンサーリンク

f:id:pengwinol:20211028160939p:plain

 

2ヶ月ぐらい前に特にコーヒー欲が高まりまして、いずれはエスプレッソマシンなどを買い揃えようと思っているのですが、手始めにコーヒーグラインダーを買いました。

グラインダーがあればとりあえず普通のコーヒーも飲めますからね。

 

 

 

 

 

エスプレッソに使うのにあえて電動じゃなくて手動のグラインダーにした理由

まだエスプレッソマシンを買ってないので詳しいことはかけませんが、グラインダー探しの時に疑問に思っていたことや今現在使ってみての感想を書いていこうと思います。

 

エスプレッソ用なら電動のほうが良いんじゃないの?

エスプレッソに使う粉というのは基本的に極細挽きです。

なので手挽きでそんなに細かく挽けるものなんてないんじゃ……と思っていました。

ですが私の欲しいエスプレッソマシンは直火式。

電動のエスプレッソマシンであれば極細挽きが求められますが、直火式は極細よりも細挽きの方が適しているんだそうです。

無理に電動の物を買う必要はないと考えました。

 

手挽きで細挽きにもできるの?

調べると、手挽きでエスプレッソ向きの粉を挽くことが可能なものもありました!

先入観で電動じゃないとダメなんだと思っていましたが、普通に細挽き向きのグラインダーを買えばあまり問題ないようです。

 

手挽きのコーヒーグラインダーって結構力いるんじゃないの?

個人的に一番気になっていたのはこれ。

今まで何個か手挽きのコーヒーミルを使ったことはあったんですが、どれもめちゃくちゃ力がいる!!

男の人なら割と平気みたいですが、私はただでさえ手が小さく力が入らないため大変だった記憶がありました。

ただ良いやつは手挽きでも全然余裕らしいんですよ。

Youtubeで実際に女性が挽いてる様子を見てこれなら大丈夫そうかも!と思ったものを候補にしました。

 

大量に挽けなくて面倒じゃない?

ぶっちゃけよく飲むけど毎日は飲まん。

そんでもって1人しか飲まん。

細引きにしたら豆の劣化がより激しくなるので、大量に挽いてストックするよりもその都度挽くのが一番おいしいはずです。

そんなわけで1回にどれぐらい必要かを何となく考えて、手動のものを選択しました。

 

トータルで見たらやっぱ電動のほうが良いんじゃないの?

電動が気になっていたもののなかなか決められなかったのは、電動は値段が高いことと安いものは結局性能が悪いということでした。

探せば1万円ぐらいの安い電動のグラインダーはあります。

でも口コミを見ると微妙な意見もちらほら。

逆に手動は安いので、1万円出せばそれなりに良いものが手に入ります。

また電動ということは将来的に壊れてメンテナンスをする必要も出てくるはずです。

手動であればそのようなことはないと考えました。

日々のメンテナンスも手動の方が確実に手軽ですしね。

それに私のような週に3回ぐらい、1日に1回ぐらいしか飲まないのに電動を買うのは勿体ない気がしました。

1日数回、毎日飲む方は電動の方が時短になって楽かもしれません。

私の場合、直火式のエスプレッソマシンが欲しいのに、グラインダーが電動ってどうなの……?って思って電動はやめました。

 

 

そんなわけで買ったのがTIMEMORE C2MAX

悩みに悩みまくり、口コミやYoutubeを見まくり、TIMEMOREのC2MAXを選びました!

こんな感じです。

f:id:pengwinol:20211028142328j:plain


f:id:pengwinol:20211028142342j:plain

 

 

TIMEMORE C2MAXを買った理由

なんでこれを買ったかというと

  • 女性でも挽きやすい
  • エスプレッソも行けるらしい(まだやってないから不明)
  • C2は豆20gなのに対して、C2MAXは30gまで挽ける
  • 1万円しないのに性能が良くてコスパが良い
  • 口コミもいい

ちなみにエスプレッソもいけるらしいというのはこちらから。

youtu.be

youtu.be


C2となっていますが、C2もC2MAXも容量が違うだけで同じです。

業務用がいけるんなら家庭用もいけるんじゃないかな。

 

TIMEMORE C2MAXを使ってみた感想

見た目もスタイリッシュで握りやすく、使いやすいです。

しかも本当に楽に挽けるんです!

今まで使ってたのはすっごい力を入れても挽けないッ!!って感じだったのに、これは特に力を入れることもなくスルスルといけます。

こんなに楽に挽けるのかとかなり衝撃を受けました。

ただ挽いた粉は結構細かくなります。

f:id:pengwinol:20211028143215j:plain


ドリップ向けの設定でやったのに、思ったよりも細かいな……?

設定するときは目安より気持ち粗めに設定したほうが良いかも。

(まだ色々クリック数を変えて差を比べることはしていないので、あんまり信じないで欲しい)

ちなみに細挽きがどんなもんで、どんな感じに淹れられるのか確かめたいんですが、エスプレッソマシンが無いんで確かめられません。

買ったらまた更新します!

f:id:pengwinol:20211028122509j:plain

 

 

 

 

まとめ

TIMEMORE C2MAX(C2)の特徴について

メリット
  • 力をあまり入れなくても1分ぐらいで簡単に挽ける
  • 値段が手ごろなのに高クオリティ
  • 刷毛が付いてるし、お手入れもらくちん
  • 挽き目の幅が広い

 

デメリット
  • 一度に挽ける量が少ない
  • 取扱説明書が読みづらい

 

コスパがよく初心者向けの手挽きミルだった!

手動でも楽に挽けてるグラインダーはたくさんあります。

今回はその中でもコスパの良いTIMEMOREのC2MAXを選びました。

個人的には大正解!

初めてだし―って言って下手に安いミルを買って辛い思いして挽くよりも、ちょっと奮発してTIMEMOREを選んだほうが、楽に挽けて楽しくなってずっと使おうという気持ちになれると思います。

特に力のない方は下手に安い物は買わないほうが良いです。

そしてエスプレッソ用にも使いたいなーって方はC2・C2MAXがおすすめです。

初心者のエントリーモデルとして、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

今回紹介したもの

TIMEMORE C2MAX

¥8,600(2021/10/28時点)

 

TIMEMORE C2

¥7,200(2021/10/28時点)

MAXは30gなのに対してこちらは20gまで豆が挽けます。

その分お値段も安いです。