ぺんぎんろーる

海と坂のある街

愚痴と生活の記録。歯列矯正・適応障害に悩んだ社会人時代のお話など。

ストレス発散法は夜道の徘徊

 

 

f:id:pengwinol:20210723185245p:plain

 

 

久しぶりに夜道を徘徊

夜の人が少ない道をダラダラと歩くのが好きなんですが、地方のひとけが少ないところだとかえって危ないこともあり最近はしていませんでした。
ですがこの間、久しぶりに夜道を徘徊してきました。

 

姉と夜徘徊

この間姉の元へ行きました。
姉が今住んでいるところは都市部なので、夜も割と明るいですしひとけもあります。
よく散歩に行くから一緒に行こうと誘われ、2人で散歩することにしました。
流石にひとけがあっても遅い時間に1人で歩くのは危ないので、普段姉も夜には出歩かないそうですが今回は特別です。

歩いてみるとかなりムシムシしているうえに、マスクをしながらというのもあってかなり汗だくです。
ですが日差しがない分だいぶ歩きやすかったように思います。
それにねこちゃんとも遭遇したりして、とても楽しくお散歩できました。
なんだかんだで久しぶりの夜徘徊ができて息抜きができました。

 

 

夫と夜徘徊

今住んでいるところに戻ってきてからも、夫と2人で散歩に行きました。
というのも、インドカレーを食べたらあまりにも量が多くて、お腹がきついし軽く歩こうという話になりました。
ナンのサイズってお店によって違うから困りますよね…サイズ書いてほしいなぁ。
基本的には夜の道は危ないので歩かないのですが、車で行ける場所に運動公園があり、そこで夜徘徊してきました。
夜に来るのは初めてだったんですが、運動公園で習い事をしてる方もいるみたいですね。
テニスとか柔道とか、それなりに人がいました。
そしてダラダラと何をするわけでもなく、ただ歩くだけ。
私が今住んでいるところは、夜にムシムシすることもなくて快適でした。

 

 

 

 

一度しなくなってからの再開

そもそもなんで夜に出歩かなくなったのか

以前だったら普通に夜に出歩いたりしていたんですが、今のところに引っ越してからは全くやらなくなりました。
夜は暗いのに変に交通量が多いところに引っ越してしまったことや、そもそも仕事をしなくなって出歩く必要が無くなったからです。
バイトを始めて夜に終わるシフトに入っても、この前までは夫がお迎えに来てくれましたし。
そんな感じで夜に歩くことはほぼ皆無になったのですが、徐々に理由もなくストレスを感じるようになりました。
この気分は夜に徘徊したいときの気分だなーとは思っていたのですが、日が落ちたらかなり危ないので出来ずにいました。

 

 

気が付いてなかったけどストレス発散になっていた

そんなある日、とあるきっかけで自転車をついに購入をします。

 

pengwinol.hatenablog.com


自転車を買ったので夫の送り迎えは必要無くなり、これからは夜のシフトを終えたら1人で帰ることになりました。
自転車でバイト先から帰るとき、辺りのお店は閉まってもう暗くなった中を走っていきます。
バイト先からたった10分ほど。
ですが初めて1人で夜に自転車を走らせたこの時、心のもやもやがすぅと晴れていくような感覚がありました。
昔はそこまで思わなかったのですが、こんなに夜の風に当たりながら走るのって気持ちいんだなとすごく感動しました。

 

 

 

私にとって夜徘徊は必要なこと

日中に散歩に行けよって思われるのは分かってるんですが、夜の静かな感じや暗くて落ち着く感じを求めてしまいます。
真っ暗な中にポツンポツンと電灯が灯されている感じとか、星が輝いている様子とか。
そういうのが好きで、とても落ち着きます。
多分夜が好きだからなんだと思います。
これもHSP気質なところがあるからかもしれません。

バイト先の方からは自転車で大丈夫なの?!なんて心配もされますし、どう考えても車で送り迎えしてもらった方が楽です。
ですがめんどくさくても、夜の空気を感じられるように自転車で家まで帰る方が好きです。

でも実際に夜に散歩をしてみて、自転車よりも歩くほうが楽しいなと感じました。
夜の1人散歩はちょっと危ないのでなかなかできませんが、今住んでいるところでも夜徘徊できる所を見つけたので、これからも夫と2人で時々夜徘徊しようと思います。
夜道が怖くない方、一緒に夜道を歩いてくれる人がいる方限定にはなりますが、ストレスが溜まった時に夜散歩をしてみてください。
普段の何気ない道がもっと好きになるかもしれません。