ぺんぎんろーる

海と坂のある街

愚痴と生活の記録。歯列矯正・適応障害に悩んだ社会人時代のお話など。

夫がアスペルガーだったらしくカサンドラ症候群になっていました【体験談2】

スポンサーリンク

夫がアスペルガーだったらしくカサンドラ症候群になっていました【体験談2】

 

今回は前回の続きで、夫がアスペルガーASDだったせいで限界が来て、
ついに爆発してカサンドラ症候群状態になったお話です。

 

爆発してからカサンドラ状態になり、
どこからそうやって持ち直したのかを書いていきます。

 

 

体験談1はこちらから!

前回のお話

pengwinol.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

アスペルガー夫の行動に限界を迎えて
カサンドラ症候群になるまで

アスペルガー夫の行動に限界を迎えて カサンドラ症候群になるまで

 

前回書いた通り色々あって大変だったのですが、
積もり積もるとさらにしんどくなっていくんですよね。

 

 

どうにか改善しようとするも
いつも同じことでケンカをして話が平行線

いつも同じことでケンカしている私たち(といっても私が一方的に怒っている)でしたが、
そもそも何でケンカしていたのかというと、
周りからすれば意味が分からないようなことでケンカしていたんです。

 

基本的には以下の3点。

 

  • 話をきちんと聞いてほしい
  • 嘘をつかないでほしい
  • 夫婦間のやるべきことを後回ししないでほしい

 

今思うとアスペルガーの特徴だなぁって思いますが、
そのときは何故こんな当たり前かつたった3つのことができないのか
本当に理解できませんでした。

 

普通だったらすぐに直そうと気をつけません?

 

後回し癖はすぐ直せないとしても、その時言われたら気をつけません?

 

しかもたったこれだけのことを一生懸命訴えているのに、
同棲をしてからこれまでの約3年間で一切直る気配が無いんです。

 

こんな当たり前のことができないなんて、
失礼ながら義両親の育て方が悪いとしか思えませんでした。

 

でも私はあまりいい家庭環境で育たなかったのですが、
自分で直そう・良くしようと努力していたので、
何故夫は努力しようとしないのか理解できず……。

 

毎回毎回宇宙人と話しているのかと思うほどでした。

 

 

でも毎月喧嘩しているということは一応仲直りしてるんでしょ?

 

と思った方もいると思います。

 

実は仲直りというより、
なあなあにしてなかったことにしていたというのが正しいんです。

 

毎回同じことでケンカしているんだから、
どうにか2人の妥協案を見つけようと夫に提案するものの、前回書いた通り

 

「なんで?俺は好きなようにしたいから
そっちも好きなようにすればいいじゃん!」

 

という意味の分からない答えが返ってきます。

 

お前が好きなようにするから
私がしんどい思いをしてるんだが???

 

 

徐々に話が全く通じない夫にとてつもないしんどさを感じ始める

そして次第に話の通じない様子にかなりしんどくなり、私も壊れてきていました。

 

2021年の夏ごろにも一度大きい喧嘩をしたのですが、
そのとき夫の頭のおかしさに何度も過呼吸になり、狂ったように泣き叫んでました。

 

しんどさと同時に話の通じない恐怖みたいなものを感じていたんです。

 

ちなみに過呼吸になったり泣き叫んでいた時に夫はどうしていたと思います?

 

そばに立ってボケっと見てるだけですからね。

 

一応本人的には

 

  • 喧嘩中に下手に触れるのは良くない
  • 自分の家族の過呼吸の方がもっと酷かったから大丈夫だと思った
  • ちゃんと心配してるよ?(ボケっとしてたのに)
  • とりあえずうるさいから静かにして

 

とのこと。

 

「私のこと好きなの?」っていうメンヘラみたいなことを聞くと、
いつも「好きだよ」っていうわりにはこれですよ。

 

どこが好きな人がする態度なんだよ。

 

そもそもこんなメンヘラった質問するのも夫のおかしな言動のせいです。

 

 

自分が我慢すればいいと頑張ることにするが

夫の意味の分からない言動に翻弄されながらも、
私がただ怒らなければ喧嘩になったりすることもありません。

 

私が我慢すれば全て丸く収まるんです。

 

そこで何かあっても下手に言い返したりせずに、
夫の気分が良くなるよう褒めるように心がけるようにしました。

 

 

2人にとって大切な日だと思っていたのに

そして12月には記念日があり、その日夫は有休をとっていました。

 

前々から記念日には近所のレストラン(カフェ的な所)に行くことは決まっていたので、
私は夜までにやらなければいけないランサーズのお仕事を
終わらせようと頑張っていたのですが……。



その日は大雪で積もる可能性があり、夫は翌日の買い物の日に
車を出せないかもしれないとすごく心配していました。

 

でも私はいつも行くスーパーではなく、徒歩圏内にあるスーパーで
2日分ぐらい買えば大丈夫だろうと考えていたので気にしていなかったんです。

 

もし雪が積もったとしても3日目には溶けてるだろうし、
溶けてなかったらまた近所のスーパーに行けばいいだけなので。

 

それに結局夜は近所のレストランに行くので、
そのまま帰りにスーパーに行けばよかっただけだし。
(スーパーとレストランはすぐ近くにあります)

 

そもそもその日は卵が安い日で毎週買いに行っていたので、
その日も近所のスーパーに行く予定だったし。

 

しかし夫は、これからさらに雪が強くなる前にスーパーに行きたいと言って聞かず、
しょうがなく仕事を中断して買い物へ行きました。



この時点で結構イライラ。

 

でも良い1日にしたいので文句なんて言えません。

 

その後もあーだこーだ言って仕事の邪魔をされるためなかなか終わらず……。



そしてお店が18時オープンだったので何時頃に家を出るか聞きましたが、
夫の返答は17時半。

 

レストランまで歩いて10分もしないのにですよ?

 

「ふざけないでちゃんと答えて」と言ったのに、答えてくれず……。

 

よく分からないので17時45分に家を出る支度を終わらせました。

 

家を出ると途中で夫はコンビニに行きたいと言い出したんです。

 

え?なんで?と聞くとお金が足りないから。

 

実は17時半に家を出たいのはお金をおろすつもりだったからなんです。

 

「ちゃんと理由を言ってくれたら私だって冗談じゃないんだなって思ったのに、
なんで17時半に出る理由を言ってくれなかったの?」

 

って感じですよ。

 

ちなみにその答えは「俺はそういうのちゃんと考えて行動してる」。

 

理由を言えってんだよ。



そして結局18時5分か10分にお店につきましたが、
19時15分までしかお店にいられないとのことでやめることに。

 

たかが5分10分なので関係なかったかもしれませんが、
もう少し早くついていれば……と考えてしまいました。

 

というかそれならレストラン予約しろよって話だと思いますよね?

 

でも夫は仕事が入るかもしれないからと言って絶対に予約してくれないんです。

 

そんなこと言って仕事が入ったことなんて今までないんですけど。

 

 

「一度悪くなってしまったから今からでも記念日を良くしよう」
という気はない

その後いったん家に帰ってお店探してと伝えたのですが、
家に帰ってからの1時間ほど、なんと夫はただタブレットをいじっていただけ。

 

夜ご飯どうするの?と聞いたのに

 

夫:じゃあ出前にする?
私:出前でいいよなんか頼んで。
夫:でも今から頼んだら遅くなるよ。

 

なぜ多々タブレットいじっていた1時間の間に頼まなかったの?

 

夫:お惣菜にする?
私:それじゃ買いに行こう。
夫:でも雪強くなってきたから家出たくない。

 

自分が言ったんでしょ?

 

こんな風に自分から言ったくせに否定するんです。

 

訳が分からない。

 

そんなわけでもう爆発してしまいました。

 

結局駅前のお店に行こうと車を出しましたが、「雪強くなってきたから帰りたい」
という夫の言葉で帰ることになりました。

 

本当に夫に振り回されっぱなし。

 

私がこうしようと提案しても受け入れてくれないのに、自分は何も考えない。

 

何も考えないから私が考えるのに、私の提案は却下。

 

堂々巡りで訳が分かりません。

 

それにこの日は記念日だからいい1日にしたいと思って
自分の気持ちを抑え込んでいたんです。

 

結局我慢していたのに大切な記念日がこんなひどい1日なってしまって、
さらに仕事も終わらなくて、夫に振り回されただけ。

 

耐えきれずにボロボロ泣きまくりました。

 

本当は私が全て計画を立てて何も言わず予約していればよかったんでしょうね。

 

 

夫の何気ない一言で何かが切れてしまった

そして数週間後の年末。

 

記念日のこともあり、
自分が我慢して何も期待しなければ問題ないんだから明るくいよう
と心掛けていました。

 

しかしある時誕生日の話になり、
私は去年の誕生日にお祝いしてもらえなくて怒った話を蒸し返してしまいました。

 

とはいっても冗談のような感じですが。

 

ちなみに以前
「いつも周りから誕生日を祝ってもらえないけど、
夫がいるからこれからはお祝いしてもらえる」
というような記事を書きました(現在非公開中です)

 

で、結局去年の誕生日はどうだったのかというと、
誕生日プレゼントも何もなければお祝いの言葉すらかけてくれなかったんです。

 

これまでの誕生日はなんだかんだお祝いしてもらえていたので、
本当に悲しくなりました。

 

 

そしてこの話をすると夫は、
「そもそも誕生日お祝いしたくなかった」と言い出したんです。

 

このときはもう本当に、心の中で何か崩れたかのような、
ぽっかり穴が開いたかのような
、それぐらいの衝撃がありました。

 

だってこれまでの誕生日はつまりイヤイヤお祝いしていたということですよね?

 

そんな風に思われていたんだと知って、かなり驚いてしまいました。

 

その時はただショックを受ける程度だったのですが、
翌日1人になってから夫から言われた言葉がどんどん辛くなり、
「結婚したのは何だったんだろう」と考え始めてしまったんです。

 

 

 

カサンドラ症候群になってからしたことや自分の変化

カサンドラ症候群になってからしたことや自分の変化

 

夫の言葉にショックを受け、
ちょうどPMSで鬱っぽい思考になりやすい時期でもあったせいか、
一気に適応障害の時のような精神状態になってしまいました。

 

 

これまでの結婚生活は何だったのかと絶望し、
鬱や適応障害の状態になる

メンタルがおか2しくなってから以下のような症状が出始めました。

 

  • 何も考えられない・思考がまとまらない
  • 家事やお風呂どころか体を動かすことすらしんどい
  • 仕事ができなくなり休み休みやらざるを得なくなる
  • 食欲が低下・食べ物の味がしなくなる

 

食欲低下・味覚の異変は、
精神的に辛くなって少ししてから出始めました。

 

私は以前適応障害になっていたので、
何となく自分のストレスレベルが分かります。

 

思考力の低下と倦怠感だけなら比較的軽めの状態なのですが、
それにプラスして食欲低下と味覚の異変が出始めると
けっこうストレスが高い状態です。

 

基本はストレスが溜まると暴食派なので、
ストレスが溜まりすぎると食欲がなくなってしまうみたいなんです。

 

 

そして味覚について、簡単に言うと
「豆板醬小さじ1をそのまま舐めてもおいしいと思う」感じです。

 

適応障害になった時に普通に舐めたら美味しかった記憶があり、
数か月後のちょっと回復した時に舐めてみたら辛くてびっくりしました。

 

おんなじ商品だったので、そこでようやく
「あ、味覚おかしくなってたんだ」と気がついたんです。

 

今回も普段通りの味付けをしたはずなのに味が全く分からなくなったことで、
結構ストレス感じているなーと自覚しました。

 

 

真剣に離婚を考え始め、行動しようとする

「もうこの人ダメだな」と悟り、真面目に離婚を視野に入れ始めました。

 

転職エージェント・転職サイトに登録したり、
住みたいと思っていた土地の仕事や物件を探したりしていました。

 

でもやはりというか、地方だと圧倒的に求人が少ないんですよね。

 

いい求人があったらバンバン応募しようと思っていたのですが、
私が絶対やりたくない営業職ばかり。

 

あとは正社員型派遣みたいなのしかなく……。

 

今度こそブラック企業に入りたくないと思って
年間休日120日以上で検索したのですが、難しいようです。

 

残り少ない体力を振り絞って求人を調べたのに、
やっぱお休みが少ないのか……と撃沈して、求人探しも辛くなってしまいました。

 

 

離婚間近の状況なのに何も考えていない夫に絶望

プツンと何かが切れた時に精神的に辛くなり、
鬱・適応障害のような状態になり始めました。

 

ですが私は適応障害経験者。

 

今の自分の状態はあの時の状態に一歩足を踏み込んでいる状態だと
すぐに気がつきました。

 

ここで無理をしたらさらに治るのが遅くなると分かっていたので、
できる限り何もしないことにしたのです。

 

そこで夫に

「精神的に辛いので家事ができません。なので2泊3日だけホテルに泊まります。」

と伝えたのですが……。

 

 

ホテルに泊まるを拒否したうえに嘘もつかれる

なぜか夫に否定されてしまったんです。

 

しょうがないので

「それならあなたがやることやってくださいね
私のご飯も準備してくださいね」

と言って、いったんホテルに泊まる話は無しになりました。

 

そして翌日の18時頃、普段は19時頃までには夕食をとっているので、
夫にご飯を買ってきてほしいと頼みました。

 

この時夫は「あー分かった」と答えています。

 

しかしそこから1時間、夫はどこにも行こうとしません。

 

そこで「私のご飯いつ買ってきてくれるんですか?」と聞くと、なんと
「なんで買ってこなきゃいけないの?自分で用意しないの?俺はもう食べたよ。」
と言ってきたんです。

 

ここでまた夫への怒りが爆発してしまいました。

 

何で話を聞いていないの?なんで嘘つくの?って。

 

夫から話を聞くと、

  • ホテルに泊まるのを反対したのは私のことが心配だから
  • 家事をしないと言うのは夫の分だけやらないという意味で、
    自分(ペッペサンゴウ)の分はやるんだと思っていた
  • 私の分のご飯のことなどは単純に何も考えていなかった

とのこと。

 

もう本当にブチぎれました。

 

頭おかしすぎるだろって。

 

 

ちなみに私からしたら矛盾だらけで嘘つきなんですが、
夫にとって関係ない話は本当に何も考えていないだけんです。

 

ご飯買ってきてと言ったのに無視したのは、
無視したつもりが本人にはないだけなんです。

 

いやもう、普通の思考回路でそんな考え方するなんて頭やばすぎだろ。

 

 

一旦距離を置いて離婚に向けて話し合いをしようとするも

結局かなりしんどくなったので、
翌日から2泊3日だけホテルに泊まることにしました。

 

そして一旦距離を置き、
その間に今後のことをどうするかGoogleドキュメントにまとめて夫へ送りました。

 

私が提示した内容は

  1. 普通に離婚する
  2. やり直しを目指して互いに頑張る
  3. 指定した期日までに決まらなければひとまず半年間様子見

というもの。

 

(3番に関しては夫の性格を見越してあえて書きました。)

 

すると夫は私がホテルから戻ってくる日までには決めると言ってくれました。

 

 

でも流石アスペルガーとでも言うんでしょうかね。

 

ドキドキしながら家に帰ってきたのに、夫はボケっとテレビを見てるだけ。

 

どうするのかこちらから聞くと、
「おう、大事なことだからすぐ決められなかったな!」と……。

 

訳が分からないんですよね。

 

自分から決めると言ったのに何も決めていないだなんて。

 

なんとなく方向性は決まっているのかと聞くと、何も考えていない。

 

普通の人なら明確に答えが出なくても

「離婚したくはないけど、いろいろ考えたら
離婚したほうがいいかもしれないとは思っている」

「離婚したほうがいいかもしれないけど、
やっぱりどうにかやり直せないのかとは思っている」

というような、グレーな判断ぐらいはあると思います。

 

でも夫は0か100、白か黒というような感じで、
それ以外は本当にどちらでもないのです。

 

もう訳が分かんなくなって、またさらに辛くなってしまいました。

 

 

 

何故離婚せずに関係をやり直すことにしたのか

何故離婚せずに関係をやり直すことにしたのか

 

ここまで来たら普通の人なら離婚しようって即決めるでしょうね。

 

でも私は専業主婦で貯金も収入もなく、帰る家もありません。

 

友達は関東にいますが、しばらく家に泊めて欲しいなんて言えません。

 

本当に夫と離婚していいのかどうかを悩み、
ずっとネットで検索するしかできませんでした。

 

 

夫が軽度のアスペルガーだと分かったから

この時はもう精神的にかなり辛かったです。

 

夫は何も考えてないし、別に離婚しようがしまいが興味なし(自分のことなのに)

 

友達に相談しても「さっさと離婚すれば?」と返されるのは目に見えていたので、
尚更周りに相談できませんでした。

 

でも夫とのこれまでのこと、自分のこれからを考えた時に離婚する勇気はなく……。

 

 

ヤフー知恵袋で似たような夫婦を発見

そもそもあんなに頭がおかしい行動をするのは、
夫婦になったら普通のことなのか、男性はそうなってしまうのが普通なのか、
どうにも納得がいかず色々とネットで検索することに。

 

始めはなかなか似たような状況の人を見つけられなかったのですが、
ヤフー知恵袋で夫婦関連の投稿を何個か見ていた時に、
「なんかこの人の話、夫と似ているな?」
と気がついたんです。

 

そしてどれも

「結婚後色々あって辛い想いをしていたら、
実は夫がアスペルガーだった」

「夫がアスペルガーだったせいで、
自分はカサンドラ症候群になってしまった」

と書いてあったんです。

 

その時思い出したのは、以前夫と喧嘩した時に自分が言った

「なんか発達障害とかなの?
もしそうならしょうがないって納得できるから検査でもしてよ!」

という言葉。

 

ハッとしてすぐASDアスペルガーについて調べました。

 

そして読めば読むほど自分の夫に当てはまることばかり。

 

またカサンドラについて調べてみると、これもまた私に当てはまることばかり。

 

ようやくここで

「夫がおかしくて私がおかしいの?なんでこんなに話が通じないの?」

と悩んでいたことは、 夫がアスペルガーだったからだと分かり
すごく救われた気持ちになりました。

 

私がおかしいんじゃなくて、夫がおかしかったんだなぁって。

 

(こういう書き方って当事者の方からすればすごく気分の悪い言葉だと思います。
気分を害されてしまったらすみません……。)

 

平凡な生活を望んでいたのにいばらの道を選んでしまった

でも同時に、平凡でよくある幸せな家庭を望んでいた私は
自らいばらの道を選んでしまったのだと気がついてしまったんです。

 

よくある”いつまでもカップルみたいな夫婦”が理想だったのに
絶対にそれは叶わないんだと知って、かなり絶望しました。

 

  • 自分がおかしいのではなく夫がASDだったという安堵感
  • 違うと信じていたのに本当に発達障害かもしれない動揺
  • 夫と離婚し新しい人を見つけない限り、
    自分の望む幸せは手に入らないと気がついた絶望感

の2つでボロボロ泣きました。

 

でもネットで調べる限り、夫の症状は比較的軽度だったんです。

 

もちろん実際に診断を受けたわけではありませんが、
これまで誰にもバレずに生きてこれたということは
明らかなアスペルガーではないということ。

 

それに 機嫌のいい時はTHE・アスペルガーという症状はほとんどありません。

 

もしかしたら、夫に自覚してもらい、一緒に努力していけば
まだ夫婦生活を続けていけるかも知れないと思えたんです。

 

 

 

嫌なことよりも楽しい・良かったことの方が多かったから

嫌なことばかり書いてきましたが、夫にもいい部分はたくさんあります。

 

私が掃除をしなかったりダラダラしても絶対に怒りません。

 

ご飯を作るのがめんどくさいといっても気にせず、
外食やお惣菜にしようといってくれます。

 

仕事終わりに何の連絡も無しに会社の人と飲んでくるなんてこともありません。

 

私のバイトなど、自分には関係ない用事でも送り迎えしてくれます。

 

それにいつも楽観的でポジティブな性格のおかげで、
ネガティブな私は救われています。

 

バイト先の主婦たちの話を聞くと

  • 自分ことを一切しない
  • 家のことは全部妻にやらせる
  • 連絡も無しに会社の人たちと食べてから帰ってくる

とかなんとか、よくある(?)悪いことがあると思いますが、
私の夫はそんなことありません。

 

(その代わりに普通ではあり得ないおかしいことをするんですけどね)

 

 

互いの工夫次第でどうにかなると思えたから

やっぱり夫とこれからも仲良くやっていきたい気持ちを諦めきれず
勇気を出して夫にアスペルガーカサンドラ症候群のことを伝えることに。

 

夫はソースが無いと信用しない人種なので詳細がかかれたサイトのURLを送り、
夫が帰宅してから数時間後に話があると切り出しました。

 

すると……

 

「俺はアスペルガーだからな!!」

 

とのこと。

 

実は前職時代、同僚がパワハラ上司のことを見て

「パワ原さんってアスペルガーっぽいですよね」

と夫に話したことがあったんだそう。

 

パワハラ上司って?という方は体験談1をご覧ください。

 

アスペルガーとは何か知らなかった夫は後ほど自分で調べ、
その特徴が自分によく当てはまると思ったんだとか。

 

 

それなら以前私が

「なんか発達障害とかなの?もしそうならしょうがないって納得できるから検査でもしてよ!」

といったときに自分にアスペルガーの疑いがあるって話してくれたらいいのに。

 

本人曰く何年も前のことで、
自分にアスペルガー疑惑があることを忘れていたそうです。

 

ちょっとムカついてしまいましたが、
アスペルガーの人などは他人に「アスペルガーなんじゃないの?」指摘されても
認めようとしないことが多いんだそう。

 

そしてASDADHDなどって他人からどれだけ言われても、
自分で自覚しないとなかなか気をつけられないらしい
んです。

 

ここで自ら「自分はアスペルガーかもしれない」と夫が思ったということは
これから自分で気を付けてくれるかもしれない。

 

そういうふうに私は思いました。

 

これからアスペルガーについて勉強し、
自分がどのように気を付けていったらいいのか
分かってくれるんだったら離婚せずにいましょう。

 

と話して、ひとまず私たちは離婚しないことにしたのでした。

 

 

 

離婚しないと決まってから

離婚しないと決まってから

 

夫と話をし、その後夫との関係が回復するのに合わせて、
少しづつメンタルは回復していきました。

 

やっぱり1日2日じゃ元通り!とはいきませんでした。

 

ここら辺は適応障害と似ていますね。

 

具体的には覚えていませんが、
1・2週間程度でほぼ元通りぐらいになったと思います。

 

 

 

夫がアスペルガーだったらしく
カサンドラ症候群になっていました【2】 まとめ

普通カサンドラ症候群になったらこんな短期間で良くなるわけがありません。

 

適応障害のように、アスペルガーの夫から完全に離れて
時間が経つことで良くなることがほとんどです。

 

でも私が短期間で精神的に復活できたのは

だと思います。

 

ただもちろん、この時のことですべてが解決したわけではありません。

 

そこで次回は、

  1. 夫がアスペだと分かって私にどんな変化が起きたか
  2. 夫がアスペだと分かってからの夫婦喧嘩
  3. 今まで私にしてきたことがどういうことか夫が理解した

ことについて書いていきます。

 

まだまだ終わらないっていうね!

 

 

 

次回のお話

もうしばらくお待ちください。