ぺんぎんろーる

海と坂のある街

愚痴と生活の記録。歯列矯正・適応障害に悩んだ社会人時代のお話など。

私の推しはwowakaって言うすごい人です

f:id:pengwinol:20220108220421p:plain

 

特別お題「わたしの推し

 

 

 

 

 

 

wowakaというすごい人

皆さん知ってますか?wowakaっていう人。

現実逃避Pとか裏表ラバーズとか言ったら分かりますかね?

ボカロ界を作った内の一人であるすんごい人なんです。

 

wowakaさんの曲を始めて聞いた時の衝撃

私がwowakaさんを推し始めたのは2010年の夏、wowakaさんが活動を始めてから約1年後のことでした。

当時ってまだ”ボーカロイド”って言うのは陰キャオタクの文化みたいな目で強く見られていた頃で、私も「ちょっとやだな」と思っていました。

ですが仲のいい友達からボーカロイドをお勧めされ、ニコニコ動画に登録していろんな動画を見ていた時に見つけたのが”ワールズエンド・ダンスホール”。

あの時の衝撃は本当にすごかった。

それまでの私は洋POPしか聴かない人間で、洋ロックどころか邦ロックもまともに聞いたことが無かったんです。

当時は洋楽が全て。

そんな時にワールズエンド・ダンスホールを聴いて、こんなかっこいい曲が存在するのかと驚きました。

そこからはもうずぶずぶとボーカロイドにハマり、もちろんwowakaさんにもハマっていったのでした。

 

wowakaさんにハマった理由は理系っぽいところ

wowakaさんの曲の何がそんなにいいのかというと、文学的でもなく芸術的でもなく、理系の理屈っぽい曲という感じが好きだったんです。

当時は何がそんなにいいのか言語化できなかったのですが、wowakaさんにハマってだいぶ時間が経ってから「wowakaは東大の理系卒」という事実を知りました。

その時思ったのは「だからあんな歌詞を書いていたのかー」ということ。

(その次に思ったのは「東大ってだけじゃなく院まで出てるなんて頭よすぎかよ」でした。)

wowakaさんの書く歌詞ってなんだか難解で難しいけど、スッキリとしている感じがあります。

例えばwowakaさんの大親友である米津さんの場合(ボカロ時代~アンビリーバーズあたりまで?)、確かにちょっと難しい感じの歌詞ではあるんですが、どちらかというと湾曲的で芸術的な感じがするんです。

wowakaさんの書く歌詞は難しいけどドストレート。

特にヒトリエとしての活動が始まってからの曲は、聴き手に歌の意味を考えさせてくれるけどwowakaさんの感情がドストレートに伝わってくる感覚が好きでした。

もちろんボカロ時代の「ボカロらしい」感じもめちゃくちゃ好きです。

この人が「ボカロらしさ」というものを作ったんだなーとしみじみと感じます。

 

 

私の好きな曲

皆どうせ知ってるだろうと思うので、あまり有名でなさそうないい曲をご紹介します。

 

プリズムキューブ

アンハッピーリフレインってアルバムの最後に入ってます。

wowakaさんをあまり知らない人は”キュインキュインしてBPMが速いイメージ”しかないかもしれませんが、こんな澄んだ綺麗な曲もあるんです。

中学生の時はこの曲にいつも支えられていました。

ヒトリエのセルフカバーバージョンも本当に素敵です。

そしてシノダさんのコーラスが本当に良い。

 

少女について

確かYoutubeで見つけてこの曲が収録されているアルバムの存在を知り、発売から数年後に買いました。

この曲も本当に好き。

なんとなく切ない感じとか、きれいなピアノの音とか……。

イントロから良すぎる。

言葉じゃ言い表せないけど本当に好き。

 

意識の値段

これも発売から数年後にアルバムを買って聞いた曲。

アルバムの初っ端からこんなきれいな曲が来るなんてやばすぎないですか。

そして曲の終わりあたりが本当に好き。

心は揺さぶられる感じがする。

 

 

 

wowakaさんのことが大好きで推していたのに

推しは推せるときに押しておくのが一番いいんですよ。

後悔しないようにね。

 

wowakaさんの好きなところは最高な曲を作るところ

先程ちょろっと書きましたが、私はwowakaさんの作る曲も好きだし人柄も好きでした。

ですがその割にはバックグラウンドを知ろうとしてこなかったなぁと思いました。

その人が好きで、その人の作る曲が好きだったんです。

確かにめちゃくちゃ頭がいいとかって、友達に話すときに

「私の推しはこんなにすごい!」

と自慢する材料にはなりますが、別に頭がちょっと悪くたって私はwowakaさんのことが好きだったと思います。

知ったところで、「さっすが私の推しー--!!」という気持ちににしかなりません。

 

もう新たなwowakaさんは知ることが出来ないんだなって

でももうwowakaさんが残していったものを甘受するしかないんですよね。

こんなことになるならもっといろんなことを知りたかったし、知ろうとすればよかったです。


どっからその語彙力の高さが来たんだろう。

伊沢拓司さんとかめっちゃ難しい言葉を使うけど、東大生同士って普段から難しい言葉使ってんのかな。


結構イラストもうまいけど、いつから絵を描き始めたんだろう。

いつも動画に使っていた静止画の絵とか、芸術的とはちょっと違うけど素敵な絵を描いてたなぁ。


理系の学部に進んだけど、当時のwowakaさんの夢は何だったんだろう。

アンチテーゼ・ジャンクガールのPVではお医者さんだったし、昔から医者を目指してたのかな?

 

 

 

後悔したからこそ、これからは後悔しないように

以前も記事にしたんですが、wowakaさんが亡くなる1・2年ぐらい前に適応障害のせいでゴリゴリにメンタルがやられていた時期があったんです。

その時はヒトリエの曲を聞くことなんてできなかった。

あーあ、こんなことになるならもっと積極的に気持ちを伝えていればよかったです。

だいぶwowakaさんの死は受け入れられたんですが、今でも

「この人が年取る姿をもう見れないんだ」

と思うと悲しくなります。

せめて、せめて今ネットの海に漂っているwowakaさんをかき集めて、私の知らないwowakaさんを見つけたいです。

ずっとwowakaさんの曲を聞き続けるし、ずっと推しつづけるよ。