ぺんぎんろーる

海と坂のある街

愚痴と生活の記録。歯列矯正・適応障害に悩んだ社会人時代のお話など。

【歯列矯正日記】ホールディングアーチと抜歯3回目【6】

歯列矯正日記,ホールディングアーチをつけ、親知らずを抜歯し、頬が痛くてペンギンがほっぺを抑えている

今回はちょっと長くなりました。 

 

 

 

 

ホールディングアーチをつけた

ホールディングアーチって何

青ゴムをつけてから1週間後、矯正クリニックで上顎にホールディングアーチをつけてもらいました。
ホールディングアーチというのは上の奥歯が前に出てこないようにするための装置です。
第一大臼歯にバンドをつけ、前歯の裏あたりにパッドがついています。

 

矯正クリニックで器具装着

まずは青ゴムを外してもらい、歯のクリーニングをしてもらってからバンドを装着されました。
バンドをつけるとき結構力がかかるので、一瞬ですが地味に怖いです。
その後はパッドや金属のワイヤー?をつけてもらいました。
前はアンカーを打つって言っていたのでそう思っていたのですが、結局パッドになったみたいです。
第一小臼歯と第二小臼歯にワイヤーを固定するための白い被せ物をされ、固めるためなのかUVライトを当てられました。
人それぞれ形などが違うようで、私はこんな感じでした。↓↓↓

歯列矯正 ホールディングアーチ

点線は親知らずの部分です。
つけてもらった感じは思ったより違和感はありませんでしたが、少し息がしずらいというか、オエッとなる1歩手前の感じがあり、少し滑舌が悪くなりました。
寝る前から翌日の昼ぐらいまで痛みが出るようですが、大して痛くないと説明を受けました。
あとは、痛む時に飲むロキソニン口内炎ができた時の塗り薬とパッチ・矯正器具が頬の内側に当たって痛いときに使う矯正用ワックスをもらいました。

歯列矯正 痛み止めのロキソニン 口内炎の塗り薬とパッチ 矯正用ワックス

 

 

 

その後の経過

装置装着1日目

ワイヤーに挟まるのでものすごく食べにくく少量をちょっとずつ食べましたが、なかなか噛めないので食べ終わるまで普段の3倍は時間が掛かりました。
食後、かなり違和感があったのですぐに歯磨きをすることに。
かなり食べカスが詰まっている気がしたので、始めに口をゆすぐと野菜の繊維が大量についていました。
ゆすいだ後に歯を磨くとだいぶ汚れは落ちましたが、上顎のワイヤーに絡まった食べカスはなかなか取れず、30分以上格闘しました。
格闘した結果、細かく左右前後に歯ブラシを動かし、食べかすを前の方へ移動させると取れやすいということが分かりました。
そして、想定外だったのは喉がかなり乾きやすくなったこと。
夜中に喉の渇きで目が覚めました。

 

装着2日目

朝ごはんのパンも何となく痛みがありましたが、昼ご飯に食べた豚肉とオクラはめちゃくちゃ痛くて食べることができませんでした。
食べれたのは豆腐・ゼリー・アイスなどの形がすぐ崩れるようなものだけでした。
パンやそうめんなどの柔らかいものも食べれましたが、奥歯では噛めなかったので前歯で噛んで飲み込んでいました。
食べれるものがかなり少ないため栄養バランスが気になり、とりあえずサプリで補うことにしました。
前日の先生の話では昼までには痛みは引くということでしたが、夜までガッツリ痛かったです。
先生からはあまり痛くないと聞いていたのに青ゴムをしていた時よりも痛みがありました。
このまま最低でも1年半はホールディングアーチを付けているので、つけたまま食事ができるとは思えなくて不安なうえに、歯磨きやフロスをするのも結構痛くて、2日目から矯正をやらなければよかったと思うほど辛くなりました

 

装着3・4日目

痛みは特に引くこともなく、食べ物は痛すぎて少しづつ前歯で噛むようにしていました。
調べてるとくたくたに煮た野菜や魚がいいと書いてあったので挑戦しましたが、あまりの痛みになかなか食べ進められませんでした。
一見柔らかそうに見える耳なしの食パンやフルーツゼリーの果実部分も、噛んでみるとかなり痛くて驚きました。
ゼリー・スムージーのようなドロッとした飲み物・豆腐は大丈夫でしたが、ほぼ前歯と舌で磨り潰すようにして食べていました

 

装着5日目

この頃になるとようやく痛みが少し和らいできました。
そうめんを奥歯で噛んでも痛くなかったのでもう大丈夫だと思い、夜ご飯に焼餃子とカツオのたたきを食べましたが普通に痛かったです(焼き目の部分が痛かった)。
水餃子とお刺身なら大丈夫だったかも……。
あと、ビアードパパのシュークリームをもらったので食べたのですが、シューのザクザクが結構痛かったです。
ビアードパパのシューのザクザク感が好きなのに、ちょっと悲しくなりました。
ただ、前歯である程度噛んでから奥歯で優しく噛めば痛くはありませんでした。
またそれまであった歯磨きの時痛みが無くなりました

 

 

最後の親知らず抜歯

もっと大変な抜歯を経験してるのに怖くなった

前回から10日後、ようやく最後の親知らず抜歯でした。
今回は左下の少し埋まっていて斜めに生えている親知らずを抜きました。
斜めに生えていると歯を砕いて抜かなければいけないので大変です。
ですが、初めて抜いた親知らず(右下)の時は、ほんの少ししか歯が出ておらず斜めに生えていて、市立病院で肉を開き骨を削って抜いています。
口の中で工事しているかのような音を出され、抜くのも30分ほどかかりました。
なので、逆にその経験があるから大丈夫だろうと思っていましたが、いざ左下の親知らずを抜く段階になると、前回(5話)力ずくで抜かれたことを思い出し怖くなってきました。

 

周辺がいろいろと痛い

いつものように歯のクリーニングをした後に麻酔を注射されたのですが、いつもは3回の所を5回打たれて喉や舌までピリピリとしました。
麻酔を注射するのにそれなりに時間がかかりますが、今回は5回もされたのでさらに長く、唾液が喉の奥に詰まって窒息しそうでした。
(そもそも今喉の調子が悪いので呼吸し辛かった。)
息はし辛いし、迷走神経反射のような症状が少し出るしで気分が悪くなりましたが、5分ほど待たされたのち親知らずの抜歯へ。
横になったら迷走神経反射の症状は良くはなりましたが、恐怖心は消えないのでドキドキしていると顔に布をかぶせられ「抜きますよー」と早速歯をゴリゴリされました。
歯を削られたのですが音がゴリゴリって言ってました。
怖いなーと思っていると、唇を押しつぶすかのようにものすごい力で手や器具を当てられ、思いっきり口をガシッと掴まれ、力ずくで抜いているのが分かりました。
口というか顔の下半分が力を加えられてかなり痛かったです。
この時点ですでに今までで一番怖いし痛い抜歯でした。
抜かれている間はずっと、「市立病院で抜かれた時のほうが痛くなかったな……」「市立病院のほうがやっぱ抜くの上手かったんだな……」「地方よりも関東で抜いたほうがよかった……(関東の某市立病院で抜いた)」「肉切って骨削った時の抜歯よりも痛いってどういうこと……」とずっと考え、まだかなー早く終わってーと思っていたら手が滑ったのか口の中に器具を刺されました
まじで、痛いから。
挿されて痛いし息がし辛いし口を押しつぶされてそろそろ切れそうだから早く終わって!!!と願っていたらようやく「抜けましたよー」と言われ終わりました。
実際は5分ほどでしょうが、15分以上はかかったような感覚でした。

 

最後の抜歯が今までで一番辛かった

これまで4本親知らずを抜き、難易度に順番をつけるとしたら「右下(埋まっていて斜めに生えている)>>>左下(斜めに生えている)>左上(普通)≧右上(普通)」ですが、抜くときに辛かった順は「左下>左上>右下>右上」だなと思います。
それぐらい市立病院で右下の親知らずを抜いた時は、唇ガシッて掴まれたり押し潰されたり、顔をぐわんぐわん動かされたりしたことはなく、まったく怖くありませんでした。
歯を抜くことが怖いなんて思ってなかったのでなんで怖いと思う人が多いんだろうと思ってましたが、最後にしてようやく私も歯を抜くのが怖いと感じたのでした。

その後の経過

抜歯1日目・装置装着6日目

歯を抜いて3分ほどした時点でやや痛み出し、麻酔が切れた1時間半程後にはかなり痛んでいました。
また、頬はもちろんのこと水を飲むのも大変なぐらい喉も腫れており、薬を飲むのもかなり苦戦しました。
食事は反対側の歯で食べましたが、矯正器具がついているし抜いたところが痛んで口が開かないので、あまり食事ができませんでした。

 

抜歯2日目・装着7日目

起きた時はまだ抜いたところが痛かったのですが、昼頃になるとだいぶ良くなりました(薬を飲んだからかもしれない)。
今回は絶対腫れるだろうと思っていたのですが、さほど顔は腫れませんでした。
食事面では、パンはまだ少し痛く感じるものの餃子スープ(焼かないで煮た餃子)は食べても全く痛くありませんでした。

 

抜歯4日目・装着9日目

だいぶ良くなったものの、抜歯した部分は口を開けるとやや痛み、エラの辺りを押すとリンパが詰まっているときのような痛みがありました。
食事面では、煮込んだ野菜やパンなどの柔らかいものはほぼ痛みはなくなりました。
最初に噛んだ時に痛み、噛み続けると痛みは感じないという感じ。
ただ、野菜を食べるとものすごくワイヤーに引っ掛かります。
基本的に火を加えて縮むもの(葉物やキノコ、肉など)は挟まり、火を加えて形が崩れるもの(じゃがいも、かぼちゃなど)は挟まりにくい気がします。

 

抜歯5日目・装着10日目(現在)

矯正器具による喉の渇きはずっと続いており、夜中にたびたび水を飲んでいます。
ホールディングアーチをつけて2週間ほどすると滑舌が気にならなくなるとネットで見ましたが、今のところは良くなる兆候は全くないですし、ただでさえ喋らないのでずっと滑舌が悪いままかも……。
それから、今までのようにしっかりご飯を食べれなくなったので、腸が動かなくなり便秘になりやすくなりました。
ここしばらくは、少し卵やひき肉(餃子)を食べた程度で肉や魚は食べれていないので疲れやすくなったような気がします。
また、野菜が取れていないので食物繊維が足りていない気がします(ビタミンはサプリで補っています)。
ただでさえ小食なので、食事は死活問題です。

 

 

下調べしてたけど矯正は思ってたよりも辛かった

ようやくすべての親知らずを抜き終わり、奥歯が前に出てこないように固定するホールディングアーチをつけました。
事前にいろんな方の体験談を調べていたので大体の流れや痛みに関することは分かっていたつもりですが、実際自分がやってみると「そんなこと誰も書いてなかった!!」というようなことがありました。

バンド装着後の痛み

ひとつ目は、バンドをつけた時もかなり痛い事。
あんまり痛みが出る人が少ないのでしょうか。
私は青ゴムをしていた時よりも痛みがありましたが、そのことを書いている人はいなかったのでかなり心配になりました。

硬さのあるものは痛む

ふたつ目は、今までの通りの食事はできないという事。
せんべいやナッツなどの硬いものは駄目だと知っていましたが、まさかサラダ野菜のような少し硬い食べ物ですら痛むという事は知りませんでした。
(にんじん・玉ねぎ・ピーマンはくったくたにしないと食べれない)
ブラケットの装着はまだしていませんが、調整後1週間は柔らかいものを食べて2週間目以降はほぼ今まで通りの食事ができるという風に思っていたので、今後は調理の仕方や外食時に何を食べるのか気を使わなければいけなさそうです。

 

他にも、食事ができなくて痩せるとは聞いていましたが便秘になるとは聞いてなかったですし(個人差)、これからもっと大変なことが出てきそうだなーと予感しています。

 

 

 

次回のお話

f:id:pengwinol:20200924133325p:plain

 クリックすると次の話に飛べます