ぺんぎんろーる

海と坂のある街

愚痴と生活の記録。歯列矯正・適応障害に悩んだ社会人時代のお話など。

【歯列矯正日記】青ゴム装着と親知らず抜歯2回目【5】

 

歯列矯正日記,ペンギンがご飯を食べて衝撃が走った様子

 

  

 

 

右上親知らず抜歯後の様子

前回は右上の親知らずを抜歯しました。
数年前に初めて右下親知らずを抜き人生で2回目となる抜歯だったため、前回の反省や学んだことを活かすべく色々と気を付けました。
まず、抜いた当日は血行が良くなりすぎると良くないので帰宅後はすぐに熱さまシートを貼り、夜は念のためシャワーも浴びずメイクだけ落として再度熱さまシートを貼りました。
寝るときは抜いたほうを下にすると腫れやすいと聞いたので、首の向きも注意して就寝。
そのおかげなのか、2日目以降も全く痛むことも腫れることもありませんでした。
熱さまシートが良い仕事をしているのかもしれません。
ちなみに保冷材で冷やすのは良くないそうで、逆に悪化するようです。
痛み止めは初日以降飲みませんでしたが、以前は2日目3日目まで痛み止めを飲んだような記憶があります。
また、初めて親知らず(ほぼ埋まってる)を抜いた時は、消毒してもらいに行ったり抜糸しに行ったりで地味に面倒だった記憶があるので、今回は特にそういうこともなく楽でした。

 

 

2回目の青ゴム

今回もサクッと装着

そして歯を抜いてから2週間後、今度は矯正クリニックで青ゴムをつけてもらいに行きました。
前回はものすごい勢いで青ゴムを装着されたのでちょっとひやひやしましたが、普通に穏やかに装着してもらえました。
そして今回も速攻で終わりました。
今回の青ゴムは、1週間後バンドをつけるときに歯に隙間を開けてつけやすくするためです。
1週間後にはバンドを装着するんだと思うと、ようやく本格的に矯正が始まることにわくわくしますね。

 

痛みが出てきた

前回も青ゴムつけたし余裕でしょーなんて思っていたのですが、翌朝ご飯を食べた時に違和感が…
前回青ゴムをつけた時も違和感はありましたが、なんというか…噛むときに痛むような…。
前もかむときちょっと痛いぐらいだったから大丈夫でしょーなんて思っていましたが、昼食に豚しゃぶサラダを食べようとすると結構痛い!
豚肉が噛み千切れない!千切りの人参を噛む度の衝撃!細切りのキュウリの硬さ!
2回目だからって舐めてましたが前回よりも痛かったです。
その後は素麺やすりおろしたキュウリなど、柔らかいものを食べました。
ご飯が食べずらいだけで食事以外は痛むことはないので、まだ大丈夫かなって感じです。

 

 

2回目の親知らず抜歯(人生で3回目)

今までで一番怖かった左上の抜歯

青ゴムを装着して2日後、親知らずを抜歯しに今度は近所の歯医者さんへ行きました。
前回と同様に歯のクリーニングをしてから抜歯することになりました。
やっと親知らず全部なくなるーとうれしくなると同時に、2本抜くとさすがにご飯食べにくいだろうし痛いだろうなーと考えていると、これから抜きますねーと麻酔をぬりぬり。
そのまますぐに注射をぶっすーーーー。
左上に麻酔をされました、左上の親知らず周辺に、左上。
あれ?左下は??と思っているとすぐに左上の親知らずをぐりぐり、今回は麻酔をしてから時間を置かずに抜かれることになりました。
痛くなかったんで麻酔は効いていたようですが…前回待たされたのは何だったのか。
まぁ前回のようにスパーンと抜いてもらってさっさと終わるだろうと思っていたのですが、2日前に上の歯に青ゴムをつけたせいなのか前回よりも手こずっており、親知らず周辺はいたくないけど口元に器具が当たって痛いし抜いている歯はメリメリいってるし
結構つらかったですし、なんなら今までで一番怖かったかも。
その後5分ほどしてようやく抜けました。
すぐにカーゼを詰め込まれ奥歯で噛み締めていると、先生が水に濡らしたガーゼを口元へ。
あれ?追加でガーゼ咥えるの?と思っていたら「口元に血がついているので拭きますね」と左の口元を拭いてくれました。
今回手こずっているとは思っていましたが、まさか血が飛び散るほどとは…。
そしてそのまま終了でした。
結局、26日までに抜いてきてねって矯正クリニックの先生に言われたのに、左下の親知らずは抜歯せず…。
バンドをつけるのは上の歯だけなので大丈夫だとは思いますが、バンド付けたら抜歯しにくくないのかな?
最後の抜歯は10日後になりました。

 

痛みも腫れもあった

その後は前回と同じようにドラッグストアで買い物をし(ゼリー飲料3つとヨーグルトと熱さまシートを買ったら店員さんに体調不良だと勘違いされた)、帰宅後すぐに熱さまシートを貼って安静にしていました。
その後は前回と同じような感じで過ごしました。
で、翌日起きて確認すると気持ちちょっとだけ頬が腫れました。
しかも今回はちょっとだけ痛みがあり、口を大きく開けると抜いたところが痛むため指1本ほどしか開けることができませんでした(無理をすれば開けれますが)。
結構苦戦してたので予想していましたが、痛みも腫れもあり翌日はちょっと辛かったです。

 

 

抜歯と青ゴムのダブルパンチ

そして今回は歯を抜いた以外に青ゴムもしていました。
これがめちゃくちゃ辛くって、抜歯の影響で口を大きく開けると痛いのでちょっとしか開けられない、ご飯を口に入れたいけどちょっとしか開かないからちょっとずつしか食べれない、青ゴムの影響で噛もうとしたら歯の痛みで噛めないけど噛むしかない
なので食べられるものは限られるし、食べるスピードがかなり遅くなりました。
ちなみに食べれたものは

辛かったのは

  • チョコパイ
  • つけ麺(太麺でコシのあるやつだった…)
  • グラノーラ
  • フルーツ(桃やメロン)
  • パン

です。
チョコパイですら痛いとは思っていなかったので、噛んだ瞬間びびりました。
つけ麺はいけるかなーと思って食べに行ったら、ちゃんとしたお店だったのでしっかりコシもあって歯が痛くなりました。
家で茹でるようなのだったら大丈夫だったかも。
そんな感じで青ゴム装着2~4日目及び抜歯後2日目3日目は、まともな食事ができず歯の痛みに耐えていました。

 

 

普通に食事ができない辛さ

ようやく青ゴムがつらいといわれる理由が分かった気がします。
私の場合は、歯が痛すぎてゼリーぐらいの硬さのものしか食べれませんでした。
ご飯を普通に食べれないだけでこんなにストレスが溜まるとは思っていなかったですし、しっかり噛めないために満腹感が得られないのでお腹が満たされた気がしないしで辛いです。
本格的にブラケットがついたらもっと痛くなり、豆腐すら痛いといううわさを聞いたのでちょっとひやひやします。
次回はホールディングアーチについて書いていこうと思います。

 

 

次回のお話

f:id:pengwinol:20200901180145p:plain

 クリックすると次の話に飛べます